FC2ブログ

Master's weblog

会社で起こった出来事やお得な情報を載せていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は植物の話。

今、本社の玄関前に置いてあるプランターです。

DSCF6312_2.jpg

10月くらいに、サルビアとペチュニアの植えてあるプランタにチューリップの球根を植えてくれ、と言われて植えたものです。
一応植えてあったものを処分した後、古い根を除いて堆肥と肥料と殺虫剤は入れてはおいたものの、培土の殺菌消毒まではしていないので生育が不安でついつい見てしまいます。

球根を植える際、球根のみで植えた場合、雪の降るような季節になるとなかなか土も乾かなくなるせいでタイミングがつかみ難く、見た目がただの空のプランターになってしまうせいなのかつい水やりを忘れがちになることが意外と多いので、水遣り忘れ防止のために一緒に一年草を植えました。
春になってもチューリップに花が咲かなくなる原因のひとつに「冬季の水の遣り忘れ」というのがけっこうあるんです。せっかく植えるならきれいに咲いて欲しいですし。
それにふわふわゆれる花の間から咲くチューリップってかわいいんですよ。

次年度のための球根回収はほぼできなくなりますが、芽が出るまで土むき出しのままよりは良い気もしますし、冬場にネズミに球根を盗られる被害にも遭いにくくなります。おすすめですよ~。
できればチューリップと同色系のピオラかパンジー。

今回は預かった段階で球根の色がわからなかったのですが、入っていた袋のタグが黄色のものもあったので、黄色の小輪系パンジーにしてみました。
ちょうどウチで余ってて植える場所が無かった苗があったから。
どうやら異様に横に這う品種だったようです。なぜか3株しかプランタに入りませんでした。

なんか、パンジーの育ち方が…、
(´Д`;) 思ってたんと違う…。

新品種で試したのが駄目だったのでしょうか。こんな匍匐性だったなんて…。もしかしてハンギング向け…?


banner.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。